建前行いました。

10月吉日O様邸、建前を行いました。         朝方、雨の為に少し開始時間を遅らせて、建前を開始しました。

建前とは?

主要な柱、梁、棟木等を 組み上げていく工程、建て舞、上棟などと言いますね。

大量にある 材料を間違えずに、どのように組み上げて行くのか?

材料には、全て番付と呼ばれる符号が付いています。これは例えば、二階ろー八等と記され、二階に使うx軸のろ、y軸の8の場所にくる材料ということがわかります。   したがって、図面を見なくても、職人さん全員がどこに使う材料かわかるようになっています。

ちなみに、符号は今でも、あいうえお順ではなく、昔ながらのいろは順を使うことが多いです。

一番上に組まれるのが、棟木。

よって、棟木が上げれば、文字通り棟上げとなります。

上棟式

そして、建前の締めくくりは、上棟式となります。

現代では略式ではありますが、棟梁が祝詞を唱えます。

そして、四隅にお神酒、塩、米で清めます。

もち投げ

最近では、ほとんどやらなくなりましたが、地域によってはまだ、盛んな所もあるようです。

この日は、四隅に大きい餅だけを落とし、

 

後は、来てくれた片、ご近所の皆様にお配りしました。

最後にみんなでパチリ

最後は、お施主様とスタッフ

「チームdaiasa」で記念撮影させていただきました。

O様、上棟、おめでとうございます。

一棟入魂で、魂込めて最後までやり遂げます。よろしくお願いいたします。m(__)m

最後にはWの虹まで出て、お祝いしてくれました。

杉浦雅之
杉浦雅之
大工の二代目親方の次男として、愛知県高浜市に生を受ける。なんだかんだで三代目として、悪戦苦闘を繰り返しながら、二男一女の親父として日々奮闘中。 レトロ調やヴィンテージ物が好きでありながら、新し物好きで失敗も多い。℡ 09085542178