料理ができる、防災&アウトドア ペレットストーブ

新型のペレットグリルストーブが完成し、撮影と試運転デモがあるという連絡を頂き、お邪魔させてもらいました。

6月某日、日差しが強く、やや風のある絶好の?ペレット日和。オシャレな御宅のオシャレなお庭で行われます。

それでは、リポート開始です。

まずはそのフォルム。

 

様々な機能満載のブラックボディーは、威風堂々であります。それでいて軽量化が図られ、分解もでき、持ち運びに便利。海に川に山に連れて行けますね。また、近い将来訪れるであろう災害時。ライフラインの止まった場所で電源のいらないこいつは、威力を最大限発揮することでしょう。芝生のお庭にもピッタリですね。

言い忘れました、こいつの名前、その名も「ぺレック」ナイスネーム!

それでは、点火です。

燃料のペレットはここから入れて、

ここから着火します。

火が着きました。

ちなみに、ペレット燃料とは

間伐材や木くずなどを乾燥し、固めてチップに加工した、地球に優しいエコ燃料です。

何より、炭よりも着火が簡単で、少量の灰が出るだけですから、片付けもラクラク。

こんな感じ

いきなりステーキ

炎も安定してきたので、ガッツリなお肉を焼いていきましょう。

「ジュー!」いい音!

なかなかの火力、このぐらいの肉を焼くのにはちょうど良い感じの火力だと感じました。

どうですか?この焼け具合、美味しそうですね。

試食

外はカリッと中はジューシー!マジで美味かったです。(^∇^)

続いてスモーク

鶏肉をスモークします。

フタを被せてモクモク

これも香りが良く、お世辞抜きで美味しかったです。

これは凄い!鮎の塩焼き

これは、串を刺す穴が装備され、考えられた構造ですね。

風が強くなったせいもあって、正直なところ上手く焼けませんでした。

下の写真はグリルで焼き足したものです。参考までに。

美味しくいただきました。

当然ながら、焼きそばやウインナーなど、定番の焼き物は安定しています。

何とピザ窯も装備

下のカバーを開けると、下に炎が走るようになります。

そこでは、高温で一気にピザを焼くことができます。

このように、上でBBQ下で同時にピザが焼けます。火力があるので、ピザの焦げ過ぎに注意です。

さらには、お湯も沸かせます。

水を入れておけば、沸騰したお湯も沸かせます。これはマジで便利です。(*^◯^*)

コーヒーなどはもちろん、カップラーメン、即席スープなども出来ます。

この機能は、災害時では重宝するのではないでしょうか。

 

まとめ

ご覧頂いた通り多機能で、持ち運びもでき、電気も要らず、ペレット燃料は取り扱いも簡単。これはイケてるんではないでしょうか。(*^▽^*)

必ずやってくるであろう甚大な災害、電気やガスなどは使えなくなります。電気の要らないこの「ぺレック」大活躍する様な気がします。

防災倉庫に常備しても良いでしょうし、ご家庭の倉庫に備えておくのも良いでしょう。

また、ベランダや自宅の庭などでキャンプをするのも流行ってますよね。o(^_^)o

そんな時にはこれ一台あれば大活躍ですね。

ペレット燃料は忘れずに!弊社ではペレット燃料も販売しております。

ご覧になりたい方、興味のある方、お気軽にお声掛け下さい。

自称、ペレットを世の中に広めたい委員会会員です。

ちなみにこれは、簡易版の「キリンさん」です。

杉浦雅之
杉浦雅之
大工の二代目親方の次男として、愛知県高浜市に生を受ける。なんだかんだで三代目として、悪戦苦闘を繰り返しながら、二男一女の親父として日々奮闘中。 レトロ調やヴィンテージ物が好きでありながら、新し物好きで失敗も多い。℡ 09085542178